ただいま有料オプションをキャンペーン価格で提供中

キャンペーン価格でお問い合わせ

SPC Mailホールド

img_mv-2

標的型メール・マルウェアメールを無害化

パスワードzipファイルへのウイルスチェックを実現!

 

オススメのお客様

icn_customer

自治体情報システム強靭性向上
モデルにおけるメール無害化

自治体 情報 セキュリティ 対策 βモデルにも対応。あらゆる自治体メールシステムにメールの無害化をアドオンすることが可能です。また、都道府県のセキュリティクラウドとの連携も可能です。

icn_customer

Emotet等のマルウェア被害を受けたお客様への無害化機能の追加

従来のメールゲートウェイセキュリティで抜けてきた標的型メール、Emotet等のマルウェアに対して無害化機能を適用することで、リスクを大幅に低減します。

icn_customer

パスワード付き添付ファイルへの
ウイルスチェックの徹底

既存のメールゲートウェイセキュリティでウイルスチェックができないパスワード付き添付メールに対して、添付ファイルの中身までウイルスチェックを適用します。zip圧縮されたファイルやパスワード保護されたpdfでもチェック可能です。

Mailホールド_LP-1

現状の課題

従来の標的型メール対策やスパム・ウイルス対策では、その仕組上どうしてもマルウェアがすり抜けてしまうため、マルウェアの感染を防止することができない状況が続いています。そのため、次のような課題への対策が求められています。

WS000425

この世に100%マルウェアを検知することのできるシステムは存在しません。マルウェアに感染する恐れのあるメールが、一定数メールゲートウェイセキュリティをすり抜けることを前提とした対策が必要です。
つまり、マルウェアに感染する恐れのあるメールがすり抜けたとしても、マルウェアに感染しないよう処置を行うことで、対策を行うことが可能です。

日本国内では、メールの暗号化対策としてパスワードZip形式を利用することが多いのですが、受信側のメールシステムではパスワードがかかっているとウイルスチェックを行うことができず、チェックなしのままメールボックスに入ってくることになります。一時、パスワードZip形式の標的型メールによる被害が増加したことはこの課題が関係しているためで、パスワードがかかっていても、その中身までウイルスチェックを行うことが求められています

WS000426

サービス概要

連携・処理フロー

「SPC Mailホールド」では、以下のようなフローでメール無害化の処理が行われます。

img_service_flow

no_1

フィルタリング
無害化適用条件に従い、対象メールを仕分け(オプション)

36669

no_2

解析・変換
メール送信元の解析 / HTMLメールをTEXTメールへ変換 / 本文URLリンクの削除

36669

no_3

仕分け・処理
添付ファイルの分離・解析・無害化を行い、無害化センターURLを本文に差し込んで送信

36669

no_4

無害化
無害化センター画面で送信元、添付ファイルの脅威度及び添付ファイルのプレビューを確認

36669

no_5

取得
脅威がない場合、添付ファイルをダウンロードして取得

連携・処理フロー

アセット 1@2x

メール無害化URL


アセット 1@2x-1

 

 

アセット 2@2x-1

no_1

 

 

 

メール危険度をチェック
「安全」「注意」「警告」のいずれかを表示。
※危険度によって添付ファイルダウンロード可否設定が可能

36669

no_2

 

送信元情報をチェック

・受信日時 ・経由国
・アドレス ・送信ドメイン認証
・件名 ・メールアドレス詐称
・保管番号 ・仕様メールソフト評価
・送信元評価  
36669

no_3

 

添付ファイル内容をチェック
プレビュー画面から添付内容確認
※無害化(PDF)ファイル取得可能

36669

no_4

 

添付ファイル情報をチェック
禁止添付ファイル
添付ファイル偽装

・二重拡張子 ・ファイル名
・アイコン ・拡張子

添付ファイル脅威検出

※サニタイズオプションで元ファイルへのサニタイズ(無害化)処理も可能