OSINTによる漏えい情報検知サービス
SPC Leak Detection

同志社大学での先進的な情報漏洩対策

35,000アカウントの教職員と在学生の
アカウント漏洩を常時監視

dousi_TOP_web_LD

外部サービスにおける情報漏洩は本学だけの対策では防ぎきれないので、情報が漏洩することを前提に、対策をしていかなければなりません。そのためには、漏洩してしまった情報をいかに早く検知して、早く対応できるかが重要となります。メールアドレスを1件ずつ漏洩しているか調べることのできるFireFox Monitorなどのサービスの利用を検討しましたが、人力でやるには現実的ではなく、全学生と全教職員に対する網羅性もありません。定期的に公開情報をクロールしてアカウントの漏洩情報を検知するサービスを探したのですが、本学で調べた限りでは、最適なサービスは見つけられませんでした。そのようなときに漏洩情報を検知する新たなサービスとして紹介を受けたのが、SPC Leak Detectionでした。"

無料アカウント漏洩チェック実施中

SPC Leak Detectionとは?

ハッカーの先手を打つ
SPC Leak Detection

 

DARK WEB、DEEP WEB、SURFACE WEB、P2Pネットワークなど、

ハッカーと同じ情報源を高速検索し、漏洩情報を自動検知し、

対象者へアラートを通知することでゼロデイログインを未然に防ぐことが可能

h_mv_body

 

漏洩情報を素早く把握できる管理者画面により
組織での漏洩監視を強力バックアップ

常時アカウント漏洩をチェックし、管理者画面から素早く組織全体のアカウント漏洩情報の把握、対象者へのアラート通知が可能

img_blist_01

シングルサインオンで
Leak Check Centerへアクセス

社内・学内ポータルからSSO (Shibboleth、SAML代理認証)で利用者アカウント漏洩管理画面Leak Check Centerにダイレクトにアクセス

img_mv_bottom_01