logo-white
WS000119
お問い合わせはこちら




標的型攻撃メールを受けた際に想定される被害状況が可視化!
 

SPC 標的型メール訓練

訓練実施にかかる作業をソースポッドが代行。手間なく、常に変化する標的型メールの旬の傾向を反映した訓練を複数回実施することで、本当に効果のある標的型メール訓練を行うことができます。

お客様の声

VOICE

TOPmitsui_APT2

【三井製糖株式会社】

時勢を踏まえた攻撃内容なので、実践的な標的型メール訓練として効果的。 運用負荷が少なく、年に複数回行えるため、継続的な意識の醸成につながると感じました。
tokyokogei_APT2

学校法人東京工芸大学】

毎月標的型メール訓練を実施するようになり、確実に職員の意識が変わりました。

傾向と課題

TRENDS &ISSUES

20201年間だけでも頻繁に変化した、標的型攻撃メールの傾向

標的型メールは2010年頃から出現し、年々攻撃手法が巧妙化し、被害が拡大しています。システムだけではマルウェアを100%検知することは難しく、昨今攻撃内容が短期間で変容しているため、標的型メール攻撃の被害を防ぐには、常に最新の動向を注視し、対応できる状態を整備する必要があります。

【2020年1年間における、標的型メール攻撃内容の傾向】

hyouteki04@2x