img_f_01

通年型メール訓練を自動化

SPC標的型メール訓練

テストメール文面の作成から配信、開封者特定と集計までを
完全自動化。
情報システム管理者の手間を増やすことなくマルウェアなど
セキュリティリテラシーの向上が可能。

標的型メール訓練お問い合わせ

導入実績

tokyokogei_TOP_APT2_rev2

【三井製糖株式会社】

メールセキュリティのプロフェッショナルであるソースポッドのノウハウが詰まった、下記サービス内容を評価しました。

・時勢を踏まえた攻撃内容なので、実践的な標的型メール訓練として効果的。
・運用負荷が少なく、年に複数回行えるため、継続的な意識の情勢につながると感じた。
・定期的に訓練を実施することを推奨したサービス設計で、実施回数も希望に応じて選べるため、コストパフォーマンスが高い。
・訓練用の標的型メールを送信するシステム(MudFix)が使いやすく、オペレーションが容易。

tokyokogei_TOP_APT2

【学校法人東京工芸大学】

標的型メールの訓練に特化したサービスであり、次のようなポイントを評価しました。

• 標的型メールのトレンドや学内行事などの時期に合わせた多種多様なパターンの標的型メール訓練用テンプレートを提案してもらえる。
•標的型メール訓練ごとにレポートを提供してもらえる。
• 標的型メール訓練を行う際のセットアップ、疎通テスト、訓練メールの内容、実施後の報告まで、ソースポッドにすべて運用代行してもらえる。

 

ソースポッドの標的型メール訓練

img_f_02

セキュリティトレーニングを自動化

テストメール文面の作成から配信、開封者特定と集計までを完全自動化。
情報システム管理者の手間を増やすことなく
セキュリティリテラシーの向上が可能。
最大で年12回実施まで拡張可能。

img_f_03

最新の傾向を反映したメールで訓練

情報システム管理者がリサーチ等の手間をかけずに、emotetをはじめとした最新のマルウェア、標的型メールの傾向を反映した訓練が可能。情報セキュリティ対策の基本的な能力を高めます。